研究会紹介

新潟大学人文学部国語国文学会

事務局
〒950-2181 新潟市五十嵐2の町8050
新潟大学人文学部国語国文学研究室内
主旨
国語国文学及び隣接諸学の研究を推進するとともに、会員相互の連絡と親睦をはかることを目的とする。
沿革
(発足年不明)
新潟大学国文学会 発会
1957年
同窓生と在学生の二本立てで進められていたものを一本化
1958年
『国文学会誌』創刊
1987年4月1日
新潟大学人文学部国語国文学会に名称を変更
機関誌を『新潟大学国語国文学会』に名称を変更
~2012年12月現在
第54号
会員数
800名弱
会員
本学人文学部教官、国語国文学卒業生及び在学学生、大学院国語国文学修了者及び在学生等
年度
4月1日~3月31日
年会費
3000円
活動内容
  • 総会・研究発表会の開催(年1回)
  • 機関誌『新潟大学国語国文学会誌』の発行(年1回)
  • 公開講演会の実施等

新潟史学会

事務局
中村元、齋藤瑞穂
〒950-2181 新潟市五十嵐2の町8050
新潟大学人文学部史学研究室内
Phone/Fax: 025-262-6444 または 6830
主旨
史学に関する研究を行い、研究資料の保存や歴史知識等の普及をはかることを目的とする。
沿革
1951年6月23日
新潟史学会 発会
1968年11月
『新潟史学』創刊号 発行
~2013年10月現在
第70号
会員数
300名弱
会員
本学人文学部教官、大学院史学系修了者及び在学生、本会の主旨に賛同した者等
年度
10月1日~9月30日
年会費
3000円
活動内容
  • 研究大会の開催(年1回)
  • 例会の開催
  • 機関誌『新潟史学』等の発行(年2回)
  • 調査及び見学
  • 講座及び各種講演会の開催等

新潟大学東アジア学会

事務局
永木 敦子
〒950-2181 新潟市五十嵐2の町8050 新潟大学人文学部東洋文化講座内
Phone/Fax: 025-262-6827
e-mail:eiki@human.niigata-u.ac.jp
主旨
東アジア地域の歴史と文化に関する研究の発展をはかり、それを通じて当地域に対する理解を深めることを目的とする。
沿革
1990年3月
設立
1992年6月
機関誌(『東アジア-歴史と文化』)刊行開始
現在に至る
会員数
71名
会員
  1. 新潟大学の現・元教職員で入会を希望するもの
  2. 新潟大学、または同大学院にかつて在籍し、入会を希望するもの
  3. 新潟大学、または同大学院に在籍し、入会を希望するもの
  4. その他入会を希望し、幹事会の承認したもの
年度
3月1日~翌年2月末日
年会費
3000円,ただし学生会員は1500円
活動内容
  • 大会・例会の開催
  • 機関誌『東アジア 歴史と文化』の発行等

新潟大学英文学会

事務局
〒950-2181 新潟市五十嵐2の町8050
新潟大学人文学部英米文化講座内
主旨
英米文学・英語学・英語教育等の研究を推進し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。
沿革
昭和28年4月1日
人文学部の教員を主体として設立
その後、他学部教員や卒業生、在学生を会員に加え、現在に至る
会員数
約1,300人
会員
本学英文科・英米文化履修コース卒業生、学生、大学院生、教員など
年度
9月1日~8月31日
年会費
無料
活動内容
  • 研究会の開催(不定期)
  • 総会の開催(不定期)
  • 機関誌『新潟大学英文学会誌』の発行(不定期)

新潟大学言語研究会(NULC)

事務局
高田研究室
〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学人文学部ヨーロッパ文化講座フランス言語学
主旨
本研究会は、新潟大学および近隣の大学における言語研究者および大学院生の研究成果の発表、研究情報交換、相互批評、切磋琢磨のための場を構築することを目的とする。本研究会は、研究対象となる東西の言語の種類や、理論言語学・応用言語学、あるいは共時的研究・通時的研究といった方法論上の相違を超えて、会員相互の自由闊達な意見交換を目指す集まりである。その主旨に沿って、年間の研究会を企画・実施し、随時、講演会等を企画するものとする。
発足
平成13年7月13日
会員数
60名
会員
新潟大学教員、新潟大学大学院生(博士前期・博士後期)とその修了生、および他大学教員など
年会費
無料
活動内容
  • 年4~5回の研究会
  • 年1回の総会
  • 講演会の企画(随時)
  • 新潟大学内の学部・大学院における言語学系プロジェクトとの緊密な連携
ホームページ
新潟大学言語研究会

教育・研究