平成13年度卒業論文題目(情報文化課程)

平成13年度卒業論文題目(情報文化課程)

卒論題目 指導教官
ネット上におけるコミュニケーション 古賀 豊
ヴィム・ヴェンダース監督作品における映画音楽 佐藤信行
日本近代小説における芥川の位置 佐々木 充
現代の若者像~音楽を介したコミュニケーションを巡って~ 齋藤陽一
テレビジョンに見る「子ども観」 古賀 豊
電子コミュニティにおける匿名の人間関係 古賀 豊
日本のシングルマザーに対する支援とその問題 古賀 豊
同潤会 江戸川アパートメント-集合住宅における生活空間- 佐々木 充
「映像と文字の関係-サイレント映画を中心に-」 佐藤信行
言語的イメージと映像的イメージの比較 古賀 豊
地域情報化の現状と課題 古賀 豊
アメリカのホラー映画における子供の表象 北野圭介
マスメディアと電子メディアによる世論形成 戸田光彦
テレビ番組における価値観の分析 古賀 豊
情報社会のなかの食生活 戸田光彦
「疎外」にみる情報化社会のテクノストレス 戸田光彦
みんなでつくる歴史教科書 ネットビジネスシミュレーション 中村隆志
サイバースペースのもたらす経済的効果について 戸田光彦
戦争報道とメディアの発展 戸田光彦
日本において情報化が言語に及ぼす影響 戸田光彦
都市居住者と「故郷」 佐々木 充
メルロ=ポンティの身体/絵画論 番場 俊
外国映画の邦題に関する研究 古賀 豊
柳美里作品で描かれた家族 佐藤和代
「ブランド戦略」 古賀 豊
みんなでつくる歴史教科書 コンテンツ製作とネット展開 中村隆志
長野市の都市計画 中村隆志
ロック音楽における見る行為と聞く行為 番場 俊
電子メディアがつくる公共圏 戸田光彦
「“不自然”なクローン」 中村隆志
社会的逸脱の観点から捉えた迷惑メール 戸田光彦
視聴者参加型のテレビ番組について 古賀 豊
メディアのなかの高齢者像-エイジズムの観点から 古賀 豊
日本製アニメの特異性 福沢榮司
日本映画産業における独自性とアメリカからの影響 北野圭介
ヒッチコックのイギリス時代 佐藤信行
奈良美智-現代アートの新しい地平 福沢榮司
野田秀樹作品における大衆について 齋藤陽一
漫画における時間について 福沢栄司
落語の盛衰 猪俣賢司
ユージン・スミスの写真加工について 古賀 豊
サリンジャー作品に見られる「大人」と「子供」 猪俣賢司
スリットを横切る楕円の知覚 中村隆志
ゲームをめぐるジェンダー 齋藤陽一
コミュニケーションとお笑い番組との関連 中村隆志
ロックとジェンダー 古賀 豊
農産物販売戦略としての生産者開示 中村隆志
浜崎あゆみに見るつながりを求める若者 中村隆志
「対面コミュニケーションと非対面コミュニケーションにおける認識の違いについての 戸田光彦
三池崇史-現代日本映画の語りの特徴- 北野圭介
情報化社会における博物館 戸田光彦
「外国生まれの商品の広告にみる日本文化のイデオロギー」 古賀 豊
アフォーダンス理論に基づく家電分析-使いやすさとデザイン性- 古賀 豊
小川洋子の作品における<境界>について 佐藤和代
1950年代,日本映画における<ホームドラマ>そのジャンルのイメージの形成 北野圭介
IT革命進行の中におけるデジタルデバイド問題 戸田光彦
RPGにおける物語 齋藤陽一

教育・研究