人文学部学生プロジェクトインタビュー「磯貝淳一」

研究内容について

学生:まず磯貝先生の研究内容について教えてください。

磯貝先生(以下磯貝):もともと中学校の国語の先生になろうと思って教育学部に入学したのですが、その途中で語学の勉強・研究への興味が大きくなってきたので、大学院に進んで研究しようと決めました。

 

研究室の本棚。国語の古典の教科書がたくさん並んでいました。

 

僕は昔の日本語の歴史、日本人が書いた漢文の研究をしています。漢文は漢字で書かれているから、例えば論語や史記などの中国古典の文章と同じように見えるかも知れませんね。けれど、日本人が書いた漢文はやっぱり日本風になっていて、中国人が書いた漢文とは違います。一番最初は、日本語で言いたいことを、一旦中国語で翻訳して文章にしていたのだと思います。だけどそのうち、日本風に漢字を使いこなす中で、漢字の意味を捨てて発音だけを使うようになって、ひらがな・カタカナが出てきたんです。その過程で漢文も日本化していったんですね。例えば、漢文では「我・食・飯」の順番。でも日本語は「我・飯を・食う」の順番にしたい。そこで、わざとか失敗したのかは分からないけれど、例えばそういう順番が入れ替わったり、中国人だと絶対そういう書き方はしないぞっていう書き方が入ってきたりして、日本風の漢文の書き方が出来てきたんでしょうね。


漢文で書かれたお経。

 

ひらがなが出てくると、漢文は脇に押しやられて、日本の伝統って言うと源氏物語とか王朝の女流文学みたいなものにシフトしていくかと思いきや、実は日本人が書いてきた文章の量で比べてみると漢文の方が絶対的に多いんです。今でも、漢文的に考えるってことは誰もが絶対にやっているはずです。僕らは、自由にモノを書いたり考えたりしているように見えるけど、でもやっぱりある方法や伝統に縛られている面があります。大学に入って最初にレポートを書きなさいと言われたときに、どういう方法で書くのか迷うもしれない。どういう言葉を使うとか、組み立てとか、それは小学校のときから書き続けてきた出来事の作文とか感想とかとは違う。そういう時に、固い言葉を使うようになったり、接続詞が増えたり、自由に書いていたときとは違う窮屈さを感じたりするはずです。実は、その窮屈さこそが私たちの「書くこと」を可能にしている部分も大きいんですけどね。日本人の考え方やモノの見方を考えるときに漢文の書き方、考え方が必ず関わっていると言えるんじゃないでしょうか。
言葉は難しい。「書かれたものがその文字通りの意味なのか」は常に問題になることです。意味的にももちろん問題になるし、今自分のフィルターを通して見ているのと、昔の人たちが昔の通りに読んだものとが同じかと言ったら、違うでしょう。同じ媒体を目にしているけれど、その背後にあるものは違う。そこを見るために学問をしていると考えています。
昔に書かれた資料は、無味乾燥なものに見えるけれど、紙を相手にして、見えない誰かと対話している感覚ですね。紙の先にある何かを知りたくて、研究をしているんです。 

学生:研究をしていて何が一番面白いですか?

磯貝:研究をしていて面白いことは、自分が調べていることから、だんだん予測がたってくることです。最初に仮説みたいなものを作って、こうかもしれないって思うけれど、一方で思い込みかもしれないから調べていきます。そこで本当に仮説があっていたら、「やったー!!!」と満足感が得られるところですね。なんの考えもなしにぽろっと発見がでるというよりは、一生懸命勉強しているうちに、何となくこうかもしれない、と思えるモノが出てきて、それが確認されていくという感覚です。あるいは全然違う結果になったとしても、やっぱり最後まで行き着いたときには面白いと思えるんですよね。とても地道なところからはじめるだけに、派手さはないけれど、確実さはある。積み重ねて確実な結論を得る、というのが言語学研究の面白さかもしれないですね。

 

学生時代・趣味について

学生:磯貝先生の学生時代や趣味について教えてください。

磯貝:実は、高校時代は語学に興味はありませんでした。今のように研究をやるなんて思ってもみなかったです。元々は国語の授業を面白くやりたくて国語の先生を目指していました。国語は比較的、勉強しなくても点が取れたんでしょうね、だから好きだったのかなと今では思います。この道を選んだことは、今考えると正解だったし、無駄はなかったなと思っていますよ。
大学時代は弓道をやっていて、中学・高校時代はサッカーをしていました。団体競技が嫌になって、個人の力がそのまま出ることをやってみたくなったんですよ。弓道部に見学に行ったら、勧誘が強力で、「天才!」なんていわれてそのまま入っちゃったんですね。でもやってよかったと思っています。今は性質・性格が弓道っぽくなったと感じているんです。それまでは、お調子者というか、ぱーっと思ったことを外に出すような感じだったのですが、内省的になりましたね。それが、こういう方向(研究)につながったのかなと思います。
今は、キャンプや釣りが趣味。だから、研究室には趣味と実益を兼ねて寝袋を置いてあります。最近忙しくなって、キャンプに行けなくなって、研究室で使っているのは秘密ですけどね。
大学3年生の後半からの大学生活は漢字とともにありました。漢字は漢和辞典の順番に並べ替えるから、漢字の部首のページ数は全て覚えていたほど研究に没頭していました。
3月まで、広島にいたんです。大学院が広島大学で、そのまま広島大学に就職していたのですが、たまたま縁があって、ふるさと、新潟に帰ってきました。

 

今期の授業について

学生:今学期の授業内容について教えてください。

磯貝:専門に入ったばかりの学生には入門的な日本語学概説の授業で、現代語を中心にして日本語の特徴(音声・音韻、表記、語彙、文法など)を考察しています。その他に、より難易度の高い授業として、活字化されたものでない昔の書き方で書かれた『今昔物語集』の読解の授業もやっていますよ。あとは卒業論文につながるゼミも担当しています。
『今昔物語集』は、色々な言語事象が混在していて全31巻の中で一定してないのが特徴の書物です。最初は漢文くさくて、後半は日本文らしい。これも研究の種になっているんです。ひとつの中にインド・中国から日本にかけての世界観が詰まっている作品。悩みながらも、この作品を読むときに平安時代風の読みをするのが課題です。そのために平安時代に使われていた辞書を使って読解しています。でも辞書にも全部載っている訳ではないので、別の文献、例えばお経にふりがなが付された資料などをヒントにして少しずつやっています。90分で1、2行しかすすまないというスローペースさで演習を行っています。結構大変だけど楽しみながら、興味を持った人達でコンパクトに10人くらいでやっている授業ですね。

 

高校生に対して

学生:なにか高校生に対してアドバイスはありますか?

磯貝:高校と大学の一番の違いは、やりたいことを自分で作っていい、というところだと考えています。選ぶというよりは作ったり、発見したりする。でもそれは、どうやっていいか分からないし、自由にと言われると困ることですよね。ただ、その選び方や作り方を学ぶのが大学です。学ぶことは常にきついけれど、自分自身を自分らしく表現する方法は学問の中にあって、そしてそれぞれがやりたい勉強の先にあって、高校はその自分らしく生きるための準備をしている段階。高校生は、より自分らしく勉強していける自分に出会うために勉強しているんだと思いますね。勉強することで自分らしくなれたら、生きることが楽になる。自分の力で変えていける。大学はそういうことと出会える場所だと信じています。

 

磯貝先生。熱心に語ってくださいました。

 

学生:日本語学という分野に興味のある高校生に対して何かありますか?

磯貝:専門に繋がりそうってにおいのするものは読んで、出会っておいてほしいです。そして、それと同じくらいに全然関係ないものであっても、興味の持てるものはとにかく何でも吸収しておいて欲しいですね。映画、スポーツ、人間関係・・・なんでもいいんです。高校のときに読んだもの、経験したものは大学に入って必ず役に立ちます。自分の根っこは広げられるだけ広げまくっておいてほしいと思います。
大学は君たちが考えた素朴な疑問が、実は学問上の問題であるとはっきり提示することが出来る場所です。教員は、君たちがなんとなく考えていたものを、学問上の問題として考えることを君たちと一緒にやっていく存在です。だから、本当にしたいことは何なのかという素朴な感覚の方を高校生のうちに育ててほしい。自分なりに一生懸命考えていくことが、その後大学に入ってどの分野で花開くかということにすごく繋がっていると僕は思います。素朴な疑問・悩みを大事にしてほしいですね。

 

インタビューを終えて

 「日本語の歴史は“書けない”の歴史。書けないことを解消してきた歴史だ。」日本語に関する新しい視点や、大学生活へのアドバイス、受験のあり方など、幅広いトピックをノンストップでお話していただきました。教員としてではなく、人生の先輩として和気あいあいとした雰囲気で受け答えしてくださり、素敵な出会いとなりなした。

担当: 鵜野梨奈(2年) 

  

磯貝 淳一(いそがい じゅんいち)先生
日本・アジア言語文化学プログラム。専門は日本語学。新潟出身。新潟大学教育学部で国語の教員を目指していた。師匠となる先生に出会い、言語学に興味を持つ。フライフィッシングが趣味。

 

 

 


教員紹介