【開催】研究会 「未来のための記憶と記録—写真家・赤城修司氏をお招きして」

投稿日:2016年02月04日

「未来のための記憶と記録—写真家・赤城修司氏をお招きして」

日時:2016年2月19日(金曜日)16:00~18:00
会場:新潟大学 五十嵐キャンパス 総合教育研究棟D棟3階 D301

第一部 赤城修司氏 講演「僕の見た福島」 16:00~16:40
第二部 ディスカッション 17:00~18:00
             赤城修司・原田健一・石田美紀

赤城修司(あかぎしゅうじ)福島市在住の写真家 高校教員
2011年3月12日以降、福島県内の風景を撮影し、Twitter にて公開。
淡々とした日常の記録のなかに、苛酷な原子力災害を浮かびあがらせる写真群は、現在世界的に注目されている。
2015年に写真集「Fukushima Traces, 2011-2013」(オシリス)を刊行。

赤城修司写真展「僕の見た福島」

2月19日(金)〜24日(水)
新潟大学附属図書館 一階 エントランス・ロビー

主催:新潟大学コア・ステーション「地域映像アーカイブ」
科研費(代表・原田健一)「地域」映像の集合化による再帰的ソーシャル・デザインの研究

カテゴリ:イベント・新着情報