アニメ中間素材のアーカイビングとその活用

投稿日:2017年01月11日

内 容:アニメ中間素材のアーカイビングとその活用
アニメは日本のポピュラーカルチャーにおいて重要な一翼を担い、また現在世界的に注目されていますが、作画紙・セル画などアニメ制作現場で作成、使用された中間素材はデジタル化が進む中、散逸の危機に晒されています。本シンポジウムでは、そのようなアニメ中間素材の体系的な整理・保全をはじめ、社会的・学術的意義についての理解をアニメ業界・地域社会・国内外研究機関に広め、同資料の活用の可能性について検討を行います。

出演者:
渡部英雄(アニメ演出家・研究者 湘南工科大学専任講師)
野口光一(東映アニメーション(株)プロデューサー)
ダリオ・ロッリ(ロンドン大学バークベック・カレッジ アソシエート・レクチャラー)
石田美紀(新潟大学人文学部)
キム・ジュニアン(新潟大学人文学部)

日 時:2月4日(土)14時30分~18時30分

会 場:新潟大学 駅南キャンパス「ときめいと」講義室B

対 象:一般

人 数:最大34名

参加費:無

問合せ:キム・ジュニアン(kim.joonyang@human.niigata-u.ac.jp)

チラシ

カテゴリ:イベント・新着情報